耳の聞こえが悪くなったら補聴器を利用しよう

年齢を重ねるごとに聴力は徐々に低下していき、大体40歳を差し掛かると耳の機能が衰えてしまいます。もし、耳の聞こえが悪くなってしまったら会話を楽しむことや情報を入手することが困難となってしまうでしょう。そこで、活用したいのが「補聴器」です。補聴器は聴力をサポートするための機器で聞こえにくさを改善してくれます。最近の補聴器はいろいろな種類があります。選び方などを把握して、自分に合った補聴器を使用すると良いですよ。ここでは、補聴器に関する情報を紹介しているので必見です。

補聴器についてもっと知る

補聴器を身に着けた人

補聴器の種類を把握したら選び方の参考にすることが出来る

補聴器の種類について細かく知りたい方は要チェックですよ。ここでは耳あな型や耳かけ型、ポケット型などのタイプを紹介しています。種類を確認することによって、自分に適した補聴器を選べるでしょう。

READ MORE

必見!補聴器を選ぶポイントBEST5

no.1

機能で選ぶ

現在では補聴器の種類も数多く増えたことから、色々な機能があります。補聴器に搭載されている機能によって聴力のサポート具合が異なるので、しっかりと見極めて選ぶことが大事ですよ。なお、補聴器を選ぶ際はどのようなシーンで利用していきたいのかを考えましょう。利用したいシーンを明確にすることで、おのずと目的に沿った補聴器を選ぶことが出来ます。

no.2

形状で選ぶ

補聴器の形は1種類だけではなく、何種類もあることも把握していくことです。補聴器の形状によってどれも異なる特長を持っています。自分に適した形状を見つけるためには補聴器が目立っても大丈夫か、メガネの有無、マスクを頻繁に利用しているかなどの観点から補聴器を選んでいくと良いですよ。補聴器の形状が合っていないとストレスに感じるので、選ぶポイントとして大事でしょう。

no.3

費用で選ぶ

予算を考慮して費用で選ぶのも補聴器を選ぶポイントとなっています。補聴器は精密機器となっているためどれも費用が高いです。安い補聴器で10万円ほど、色々な機能が搭載された補聴器は40万近くすることもあります。あらかじめ補聴器の相場をチェックして、それに見合った予算を決めてから選んでいくと良いですよ。また、補聴器は定期的に買い替える必要があるので、それも考慮する必要があります。

no.4

認定補聴器技能者の有無

補聴器を買う際は利用する店舗に「認定補聴器技能者」が必ずいるかどうかもチェックすることです。認定補聴器技能者とは補聴器の販売・調整に関して専門的な知識や実績を持っている人に与えられる資格となっています。安全に補聴器を選ぶためにも、この資格を持っている人から購入するようにしましょう。

no.5

色んな補聴器を試す

数ある種類、機能がある補聴器の中で適したものを選んでいくためには、やはり色々な補聴器を試していくのもポイントでしょう。色々な補聴器に触れて使用していくことで、良し悪しを判断することが出来ます。大事な聴力をサポートしていくものですから、補聴器は慎重に選んでいくのが重要と言えます。

快適な生活を実現!補聴器を手に入れるための方法を確認

看護師

まずは耳鼻科に行こう

耳の聞こえが悪くなった場合は、補聴器の利用で聴力をサポートすることが出来ます。そんな補聴器を利用していきたい場合は、まず初めに耳鼻科に行くと良いでしょう。耳鼻科では難聴について色々と検査をしていきます。難聴によっては治療を受けることで改善する可能性もあるので、必ず耳鼻科に行くことですよ。なお、耳鼻科の検査にて治療の必要が無いと判断された場合は補聴器の出番となります。診断結果を持って補聴器を販売している店舗に買いにいきましょう。店舗にて聴力測定を行ない、補聴器を選んでいきます。色々と調整をしていき、問題が無ければ補聴器を購入します。

レンタルを利用してみる

補聴器は購入でしか手に入れることが出来ないと思われがちですが、なんとレンタルでも利用することが出来るのです。補聴器を取り扱っている店舗ではレンタルも提供しているのでチェックしてみましょう。補聴器の使用に不安を感じる方や補聴器の効果を試してみたい方、最新の補聴器を確認したい方にレンタルはおすすめとなっています。最大2週間近くはレンタルをすることが出来るので、その間に補聴器を利用してみてその効果や素晴らしさを実感してみることです。

[PR]賢い補聴器の選び方を大公開♪家族とのコミュニケーションをもっと楽しむ!

[PR]補聴器の専門店を紹介アフターサービスが万全

広告募集中