補聴器の種類を把握したら選び方の参考にすることが出来る

補聴器には色々な種類が存在している

補聴器の利用を検討していても現在では数多くの種類が販売されているので、まずは種類によって異なる違いや特長などを把握しておくことが大事と言えます。そこで、安心して補聴器を利用していくためにも事前に補聴器の種類をチェックしていきましょう。補聴器の選び方や種類を知ることで、自分に適した補聴器を使用することが出来ますよ。

補聴器の種類を把握したら選び方の参考にすることが出来る

補聴器を身に着けた人

耳あな型

現在販売されている補聴器の中でも、耳あな型タイプを利用するのが主流となっています。耳あな型は耳の穴に補聴器が収まるのが特長でしょう。また、耳あな型にも種類があり、耳の中にすっぽりと収まる小型タイプや耳の外まである大型タイプに分けられています。大体軽度から中度あたりの難聴だと、この耳あな型の補聴器で問題が無いと言われてるでしょう。

耳かけ型

次に補聴器を耳にかける耳かけ型があります。耳にかけることによって補聴器の存在は目立ってしまいますが、操作が簡単に出来るのが特長ですよ。耳かけ型は数多くの種類があり、費用も幅広く用意されているのでチェックしてみることです。また、耳かけ型を使用する場合は汗に注意していきましょう。なお、マスクやメガネを利用する方は耳かけ型は向いていないです。そのような場合は他の補聴器を選びましょう。

ポケット型

ポケット型は補聴器本体をポケットに入れて、そこからイヤホンやコードを繋いで使用していくタイプとなっています。簡単に操作することが可能で補聴器の中でも安く手に入れられるのが特長です。また、高出力が出るポケット型もあるので、重度の難聴で悩んでいる方も安心して使用することが出来るでしょう。ポケット型を使用することで、音の方向性や距離感などを自然につかめますよ。

メガネ型

普段からメガネをかけている場合は上手く補聴器を使うのが難しい場合があります。そこで開発されたのがメガネ型の補聴器です。見た目は普通のメガネに見えますが、ツルの部分に補聴器を搭載しているのがメガネ型の特長とも言えます。メガネの機能と補聴器の機能を同時に得ることが出来るので、非常に便利と感じます。

広告募集中